曽祖父に、安政元年二七日、異国船渡来佃島に警護として出陣した徳川幕臣をもつ。
その血筋から、代々武道を継承することを家訓とし、昭和22年11月東京港区に生まれる。
幼少の頃より、剣道を習い高校時代は合気道、大学時代には空手を習得。
大学時代に初めて薙刀と出会う。長ものを扱う妙技に魅了され、以後45年薙刀修行の道に入り現在に至る。

・全日本薙刀連盟 教士号(きゅうし)取得
・国際武道大学武道学科にて教鞭をとる
・マサチューセッツ州マントホリヨーク大学にて定期的に武道と薙刀における日本文化の 講義を行う
・そのほか、国際薙刀連盟より派遣されオランダ、ベルギー、イタリア、フランスにて定期的に現代薙刀の
海外指導を展開中。

to Top

to Top

Bookmark this on Google Bookmarks