img9

私たち日本人はかつて戦と隣り合わせの生活を送ってきました。

武将たちは、國を守るために知恵と技術に精力を注ぎ、いつしかそれは確かな技術として今日までに伝わっています。

戦のない現代では、甲冑や刀を使用することはなくなり、その伝統技術も存続が厳しい現状にあります。

国際侍協会では、各工芸師の先生方にご協力いただき、各伝統工芸を海外に発信し、日本国内の発展に

繋がるよう活動しています。

今後は侍たちの声を拾い集め、侍とともに発展してきた、甲冑・刀の奥深い世界をお届けしていきます。

戦うだけの道具としてではなく、侍たちの願いや熱き思いが数々の工芸に残されています。

国際侍協会では、ご協力いただいている各工芸師の先生方から、その伝統工芸から聞こえてくる

侍たちの声を拾い集め、侍とともに発展してきた、甲冑・刀の奥深い世界をお届けしていきます。

 

 

miura

甲冑師 三浦公法

詳細はこちら

 

 

 

刀鍛冶 吉原義人

詳細はこちら

 

miyajima2


 

白銀師 宮島進二郎

詳細はこちら

 

 

 

 

to Top

Bookmark this on Google Bookmarks